松江市議会議員 森脇勇人
活動風景1 活動風景2 活動風景3 活動風景4 活動風景5
トップページ
政治施策
議会報告
プロフィール
後援会
リンク
お問い合わせ
セキュリティポリシー

後援会だより

活動報告

不昧公
2018/09/21
 今日は県立美術館で不昧公の没後200年祭の一環である大名茶人不昧公展が開催されご招待を受けました。東京の三井記念美術館で先ごろ行われていた内容のものをやっと島根県、地元の松江市でも拝見できることとなりました。東京のオープンイベント、会派での視察と2度拝見させていただきましたが何回見ても飽きが来ません。どうぞじっくりと見て回ってください。おすすめなのはそれぞれ説明をしてくれる機器がありますのでお借りになったほうがより詳しく見ることができます。松江歴史館でも不昧公の政治家としての足跡を改めて紹介する展示もありますので是非ご来場ください。

議会前半終了
2018/09/18
 今日総務委員会と教育民生委員会が終了し、委員会の前半が終了しました。明日からは経済委員会、建設環境委員会が始まります。議長として委員会の議案審議には参加できますが予算委員会、決算委員会の分科会には参加できません。委員の皆さんにはしっかりと審査していただきたいものです。特に中期財政見通しで5年で10億円、単年度だと2億円の繰り上げ償還を予定していますが決算では28年度が6億5千万円、29年度も12億円以上の黒字を出し5億円以上の繰り上げ償還が行われます。しかしながら毎年度の事業予算の執行状況は不用額を計上したり予算不足のため工事の着工、進行が進んでいなかったりと予算不足を理由に事業の進捗が遅れています。行政は仕事をするために予算を立てているものであり、仕事の量が少なければ職員もいらないということになります。公債費率を下げるために事業をしない、不用額を計上するでは本末転倒です。実際はそのようなことはないのですが、状況や決算の内容が悪いとそのようにとらえかねません。しっかりとした審議をしてただすものはただし、意見するものは意見をするといった是々非々の対応をしていただきたいものです。そのためにも歳出だけでなく歳入の状況もしっかりと審査していただきたいと思います。
 9月議会は交付税の確定もあり多くの補正予算も組まれます。また歳入に応じた入札も多く行われますが進捗状況のチェックも大きな内容です。社会資本整備交付金の減額で計画事業が進捗しないということがないようお願いしたいものです。

委員会
2018/09/13
 昨日で一般質問が終了し、今日は決算特別委員会総括質疑が行われました。最近はこの決算総括質疑が第二の一般質問のように多くの内容が審議されるようになりました。決算審議は基本的には今までの予算審議で認めてきたものを決算として審査するもので本来はすべての内容は議員は「把握していて当たり前」というものです。しかしながら一つ一つの内容が決算になるとどのような数字に膨れるのか、少ないのか多いのか、効果があったのか改めて審議することになります。また、予算を付けたのに執行されていなかったり、逆に当初の予算を大きく上回ったりということが無いようしっかりと審査しなくてはなりません。最近は一般財源総額が減少してきていることもあり、経常収支比率がどの自治体も数値が悪くなってきています。目安は80%とのことですが基準財政需要額の2倍近くの収入のある東京都でさえ84%とのことです。全国平均では93%くらいでしょうか。松江市も90.4%と昨年より1.2ポイント改善しましたが、予定以上の繰り上げ償還によるものです。公債費の償還はしていかなければなりませんが、予定以上に取り組むと財源不足が生じ通常の事業に影響を及ぼします。事業を抑制し仕事をしないのであれば、仕事をする職員も必要ないということになります。単年度ならよいのですが持続する行政の中では職員削減を思い切ってできないのが現状です。何やかんやといっても数値にこだわらず市民生活に直結した事業が速やかに実行されているのか議員の皆さんにはチェックしていただきたいともいます。

代表質問
2018/09/09
 明日から9月定例会の会派代表質問が始まります。一般質問は11日、12日と行われ代表も合わせると20人の議員が質問に立ちます。9月定例会は平成29年度の決算審査もありますので活発な議論が展開されることを望みます。最近は予算がない、交付金が減った、などとあまり良い状況を伺うことがありませんが、29年度決算では景気の状況もよく個人市民税など市税は上昇傾向にあります。都市計画の見直しや、都市計画税、固定資産税の見直しが行われれば更なる市税の増加が見込まれます。お金がないので事業予算を縮小するという考えもありますが、制度やルールを変えることにより増収を図り事業の更なる拡充ということも考えられると思います。決算審査をするに当たりそのような観点でも審査が行われれば幸いです。

行政の限界
2018/09/01
 先日の報道で鳥取銀行の支店整理の中で日南町の支店が廃止されることになり町が預金を全額解約して対抗したとの報道がありました。相談もなかったとのことで町長が激怒したことからの対応だそうです。日南町長に私もある意味共感しています。国は郵政民営化などを行いある意味自由競争を導入してきましたがここにきて地方には違う変化を与えています。田舎では、農協や郵便局がメインバンクでしたが地方銀行はやたら競争で農協や郵便局の顧客を奪ってきました。しかしながら利益が少なくなると経費が掛かるサ−ビスはさっさとやめる方向で支店などの廃止にかかります。払い込みサ−ビスなどコンビニでもできるからということもあるかもしれませんが田舎にはコンビニもないところがあります。なんとなく大型店が地方に参入し地方の小規模店舗を駆逐し利益が少なくなるや撤退し地域に商業施設が亡くなったというような構造によく似ています。まるでオレオレ詐欺のような行為をしやすくするような動きにも見えます。私の地元にも銀行の支店がありましたが昨年閉鎖され今はATMしかありません。お年寄りは行員さんの顔を見て取引がしたいようで最近は農協の地域を回る訪問車が来る時を見計らって取引しているようです。行政も民間の事業者がやることだからと何も手が打てない状況ですが日南町長のように取引をやめるぐらいの行為に出ないとできないものかと行政の限界を感じます。

議員の保証
2018/08/27
 先日の新聞で地方議員の厚生年金加入についての意識調査が行われ議長の51%が賛成、反対は16%、どちらともいえないが29%、無回答が3%ととのことでした。この中で常勤扱いが財政負担となるので反対との意見があるようです。しかしながら地方議会の議員数は市町村合併や議会の積極的な定員削減からこの十数年で6万人いた地方議会議員は3万人程度に減っており、年間だと1200億円、10年で1兆2000億円、国は歳費を減らせたことになります。そうであれば年間200億円の増はあってもよいのではとの考えがあります。
また、議員の議会活動日数が100日程度なので厚生年金加入はいかがなものかという意見もありますが、市議会だとほとんどの議員が毎日市役所に行き情報収集や課題整理のために活動しています。これは議員活動とみなされ議会活動とはみなされないようです。とはいっても議員の中には市役所に向かうのに片道1000円以上の交通費がかかる人もいますがそのような手当ては議員にありません。そういった活動も含めてすべて報酬で賄っているためです。個人事業主並みの扱いはされず、サラリーマン並みの扱いもないのが議員の状況です。また、議員数が約半分になったため議員で行っていた共済年金が破綻するため議員年金が廃止され地方議員の老後、退職後を保証する制度はありません。議員の70%を占める60歳以上の議員には厚生年金加入はあまり魅力がありません。しかしながら30代、40代の議員にはしっかりとした制度を作ってあげなければならないと感じています。

議会準備
2018/08/22
 今日は午後から最近の諸問題について内部協議でした。
 9月定例会に向けてのレクチャーがそろそろ始まりますが、社会資本整備交付金事業の進捗度や平成29年度決算の内容についてしっかりと議会でチェックしていただかなければなりません。諸課題はたくさんあるので議員の皆さんにはしっかりと準備していただきたいと思います。
 いつものことなのですが議長室から宍道湖を見ていますとミサゴが魚を求めてホバーリングして一気に宍道湖に飛び込む姿を見ることができます。ミサゴは鷹の仲間で主に魚を主食としているため、トビよりも少し小さめですが、おなかの部分が白い羽ですぐに見分けがつきます。ミサゴが大きな獲物を捕まえると落としてしまうことがあり、それをトビが狙っているようです。宍道湖を見るときに少し観察してみてください。ミサゴが狩りに成功するところが見れるかもしれません。

さみしくなります。
2018/08/17
 先日大変お世話になった、居酒屋「有楽」のおかみさんが亡くなられました。旦那さんが私がサラ−リマン時代の先輩で、お城の花見の後には当時「有楽」でおでんで一杯というのがいつものパタ−ンでしたが十数年前におばあさんが亡くなられ今のお店に改築されました。私も松江市の議員になった平成17年ごろからよくお店に行くようになったのですがカラカラとした皆さんに好かれるおかみさんでした。最近は病気がちでお店も休んでおられ、なかなか飲みに行くこともできませんでしたがなんとも寂しい限りです。ご冥福をお祈りします。
 

盆休み
2018/08/16
 13日からの盆の休暇も今日で終了します。
 休み中公務もなく久しぶりに親戚の皆さんと盆を過ごしました。13日には八束町遅江地区の盆踊りが長年の活動を今年表彰されたこともあり、八束町遅江の自治会長さんから招待を受けたので参加しました。出雲地方では盆踊りと言えば出雲音頭、口説きを唄い踊るのですが遅江の皆さんの口説きはそれは見事なものでした。名調子に合わせてよく通る声で「即興」の歌詞も交えながらのもので感動しました。かき氷やビ−ル、ジュ−ス、メダカの救いどり、太鼓饅頭など地域の皆さんが手分けをして販売されており、地域の結束感が感じられました。「だんだん口説きの歌い手がいなくなってきた」と自治会長さんも言っておられましたが今後とも残してもらいたいものです。14日は地元の盆踊りに参加しましたが普段子供がいない地域なのに子どものなんとも多いこと、「この子たちが皆地元にいてくれれば」とつい考えてしまいます。世代の引継ぎ、仕事、同居、同居ができる離れ、会社・自宅までの道路事情、歩いて通えない学校・公民館、中心市街地とは違う問題を抱えている地域においてのまちづくりをそれぞれの地域を拝見することにより、改めて感じてしまいます。そのためにも議員は地元に閉じこもることなく松江市全体を見渡して発言、意見を述べてより良いまちづくりに貢献したいものです。

世界少年野球
2018/08/08
 先日第28回世界少年野球松江大会が無事に賑やかに終了しました。本来であれば今日が閉会式だったのですが台風の影響もあり一日早く終了することになりました。日本も含め世界各国から200名以上の少年少女が集まり野球を通じた交流が繰り広げられました。松江で様々な体験をし古き良き日本文化にも触れられたと思います。開会式の時の子どもたちは少し緊張気味でしたが昨日のパーティーではすでに意気投合して、みんな友達になり言葉が通じなくても共に歌ったり踊ったりして素晴らしい交流パーティーとなりました。台湾との交流試合は松江のチ−ムは2勝1敗1分けでしたが、隠岐の西郷との試合は乱打戦で台湾が勝ちましたが、王貞治さんはしきりに隠岐のチ−ムのバッティングを褒めておられました。子供たちには良い思い出になったことでしょう。それにしてもやはり「世界の王」です。子供たちにも、保護者にも、スタッフにも、審判の皆さんにも素晴らしい配慮をしていただき、人間の大きさ偉大さを改めて感じました。この大会で出会ったスタッフはみな感じたことでしょう。最終日少し体調を崩されたようですが今後ともお元気で活躍していただきますよう心よりお祈りします。王さん本当にありがとうございました。

前ページTOPページ次ページHOMEページ


ページのトップへ


- Topics Board - Skin by Web Studio Ciel

森脇勇人後援会事務局〒690-1311 島根県松江市美保関町惣津142TEL 0852-72-3265Eメール

Copyright 2007 Moriwaki Hayato All Rights Reserved.